MPSとは? (医療法人機関のミステリーショッパー)

接遇観察や行動観察の専門教育を受けた「ショッパー」と呼ばれる当社調査員が、患者さまになりきって貴院を利用し、その医療法人機関の品質など一般患者と同じ目線で様々な角度から分析・評価する調査方法のことをいいます。

 

【クリニック経営も厳しい時代】

特に開業医は、医療のプロであると同時に経営のプロでもあらねばなりません。

 

 

【こんなお悩みありませんか?】

開業や財務に関する本や情報はたくさんありますが、開業後実際にどのように患者さんを増やし、いかに経営を立て直し、それをどう発展・継続させていくかなど具体的な答えにはまだ巡り会えていないのではないでしょうか?

 

・未完治離脱患者を防ぎたい

・スタッフの対応が気になる

・多くの新規の患者さんに来院して欲しい

・スタッフのモチベーションを上げたい

・何かあったら再来院して欲しい

・好意的口コミを増加させたい

・待ち時間が長いと思われているか不安     など

 

 

【実は以上の悩みに頭を抱えることなく患者満足度をアップさせる方法があります!】

私どもでは、院内の「今」を正確に把握する「患者満足度調査」「模擬患者接遇観察調査

(ミステリー・ペーシェント・サーベイ)」という2つの手法で貴院の正確な接遇状況や評価情報

をご提供いたします。

 

新サービスの開発、患者さんの来院が少ない原因、院内体制の改良など患者さまの「生の声」ほど参考になる情報はありません。

的確な判断や対策のためには、現状を正しく捉えることが必要であり、そのためには今起こっている事実を把握しなければなりません。

 

ネットへの書込み、知人から聞いた話、近所の噂・・・・など、誰でも手に入る情報では、真実性や正確性は疑わしいもので、どの情報が真実でどの情報が間違っているのか検証は非常に難しいものです。

しかし、「患者満足度調査」「模擬患者接遇観察調査」、これらの手法で患者さまの声を科学的に分析し、論理的に改善策が組み立てられ、患者さまの事前期待に応えられるサービスにまい進でき、大きな成果に繋がります。