マインドボイスへようこそ!

患者さまの心の声をミステリー・ペーシェント・サーベイ       (模擬患者接遇観察調査)で掴む!

目指すは「地域の中で選ばれる病院作り」

 

きちんと完治して欲しい、症状が良くなって欲しい・・・だからこそ続けて来院して欲しいのに患者さまは未完治のまま通院をやめてしまう。

そのようなことはありませんか?また、どうしてそうなるか考えたことはありますか?

 

ほとんどの方が考え、試行錯誤し、患者さまのためを思い行動されていると思います。

 

ただ、それなのに患者さまが離れて行く。これでは、病院経営にも影響を及ぼします。

いかに発展、継続させるかが課題となります。

 

マインドボイスでは、単なるあら探しやチェックを行うのではなく、病院やクリニックの接遇改善を行い、患者さまの満足を得るための方法論を取得するために調査を行います。

 

 

目線はどこにありますか?

 

ズバリ、病院側の「~だろう」「~だったらいいな」という判断はとても危険です。

客観性のない思い込みで判断してはなりません。

「患者さまの目線」で見ることが重要なのです。

 

 

ミステリー・ペーシェント・サーベイ(MPS)の活用

 

「模擬患者接遇観察調査」の活用です!

 

客観性があり、信頼のおける判断材料を手に入れられます。

専門教育を受けた観察スタッフが、貴院の『今』を詳細に観察評価し、よりよい病院づくりの適切な判断材料をご提示します。